MENU

髪の毛が抜ける理由は大きく分けると2つあります

髪の毛が抜ける理由は、誰の頭皮でも自然に行われているヘアサイクルと、いわゆるAGAという具合に大きく2つに分ける事ができます。
ヘアサイクルの方は、普通に髪が毛根で生成されて成長、そして寿命を終えて抜け落ち、また再生されていくという流れですね。
これは人間として当たり前な髪の毛が抜ける理由と言えるでしょう。
問題は薄毛の人が戦うべき相手であるAGAです。
男性型脱毛症と呼ばれるAGAで髪の毛が抜ける理由は、当然年齢や遺伝的なものもありますが、主に男性ホルモンや酵素です。
毛根の中にいる酵素5α−リダクターゼに男性ホルモンのテストステロンが接触すると、とんでもない奴に変身します。
これが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンです。
またの名を5α−DHTいうコイツが、ヘアサイクルを暴走させてしまいます。
通常のヘアサイクルは、毛根から産毛レベルの髪が生えて、それが成長していきます。
でも、5α−DHTによって、産毛の段階で強制的に寿命を迎える結果となるのです。
これが、一番嫌な髪の毛が抜ける理由という事になりますね。
育毛効率を上げていくには、ジヒドロテストステロンの悪戯をどうにかして防ぐ事が命題となります。

髪の毛が抜ける理由ジヒドロテストステロンの活動

髪の毛が抜ける理由で薄毛のを呼び寄せるジヒドロテストステロンは、一体どんな活動をしているのでしょうか。
抜け毛を増やすだけとかだったら、もはや完全に要らない子状態ですが、実は割と大事な役割も持っていました。
髪の毛が抜ける理由として忌み嫌われるジヒドロテストステロンは、未成年にとっては凄く重要です。
思春期辺りから成人するまで、ジヒドロテストステロンは、性器を作り上げる重大な仕事をしていました。
未成年の間は、かなり良い奴だったりするから驚きますね。
でも、大人になって性器が出来上がってしまったら、ジヒドロテストステロンは髪の毛が抜ける理由に変貌します。

ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを壊す

何故かと言うと、もうやる事がなくなってしまって、何処に行けば良いかわからなくなるからですね。
そのまま朽ち果てるだけなら良いのですが、何を思ったか、ヘアサイクルを弄りにくるから困りものです。
まるで職を失ってヤケクソになった中年親父みたいです。
リストラされたから、新しく生えてきた髪をむしってやるとばかりに大暴れします。
こうやって、これから育つはずの髪を抜ける方向へ導いてしまうわけですよ。
このような流れで成人になったら、ジヒドロテストステロンが活動内容を変えて、髪の毛が抜ける理由になってしまうのです。

髪の毛が抜ける理由になりきれないテストステロン

テストステロンは天使か悪魔か?

髪の毛が抜ける理由になっていたジヒドロテストステロンですが、その前身であるテストステロンは、ちょっと違います。
男性ホルモンの象徴と言えるテストステロンは、一見すると薄毛に影響しそうです。
でも、それ自体は、毛の太さをアップさせてくれたりするから、ややこしいのです。
だからテストステロンは、髪の毛が抜ける理由にはなりきれないと言えますね。
ただ、5α−DHTに化けたら、いきなり抜け毛増長のプロになるから不思議です。
テストステロンが少し変わるだけで、いきなりホルモンの活性レベルが段違いになります。
そして、毛根での髪の生成力を弱らせていくとかいう無茶をしてくれます。
こうなったら、当たり前のように未来は薄毛まっしぐらです。
テストステロンは、それだけなら身体作りに役立ってくれるし、精神的にも良い影響を与えます。
ただ、5α−リダクターゼと絡むだけで、別人ならぬ別ホルモンみたいになるのです。
でも若い間だけは、ジヒドロテストステロンは味方なんですよね。
年齢を重ねても、抜け毛関連以外の何か良い仕事を、この男性ホルモンの化身に与えるように人間が進化して欲しいものです。


髪の毛が抜ける理由は5α−リダクターゼの種類にも関係する

5α−リダクターゼU型は前頭部から頭頂部にかけて存在

髪の毛が抜ける理由は、テストステロンを変貌させる5α−リダクターゼの種類にも関係しています。
は5α−リダクターゼにはT型とU型の2タイプあります。
T型は全身の毛という毛が生えている所の全てに関わっています。
それとは違いU型は、前頭部から頭頂部にかけて集中的に存在するという、まさに抜け毛のためにいるような感じですね。
でも、後頭部とか側頭部には5α−リダクターゼのU型がいないから、薄毛になってもここだけ髪が残ってくるのです。
前から上の方がツルツルになっても、横の方に髪が残っている人だらけですよね。
大人しくT型で統一してくれれば、こんなに抜け毛に苦しむ事なんてないのに!
そんな事を考えても仕方無いので、何とか5α−リダクターゼU型が元気にならない育毛方法を探るしかありません。
ちなみに女性にも超少ないですが、男性ホルモンが存在しています。
量的に少ない事や酵素が男性とは違うので、凄い薄毛にはなりません。
女性でも微妙に薄くなってくるのは頭頂部と言うから、やはりここでもU型が無駄な働きをしているわけですね。
ではどうすれば良いかですが、5α−リダクターゼを抑制効果が期待できる育毛剤やサプリを使うのも、ひとつの手です。
ここでは副作用が無いものを選択したいですね。

 

髪が抜けるなら試す価値があります