MENU

育毛剤だけを頼りにすると生えない可能性が高い

育毛剤を使っても生えないよ、という感想を持ってしまう人の多くは、単純に育毛剤を塗りつけているだけだったりします。
薄毛を意識し始めると、最初の対策として育毛剤を購入する事が多いと思われます。
髪の毛が抜けるのだから、頭皮に原因があると考えるのは自然ですよね。
だから、頭皮に効果がありそうなものを塗りたくなるのは当たり前なのです。
しかし、育毛剤を一生懸命に使っても生えないという結果になる場合が多いのも事実。
でも、よく考えてみると、髪の毛が作り出されるのは人間の身体の中なのです。
筋肉や皮膚などと同じように、食べたり飲んだりしたものを材料にして生成されます。
だから、育毛剤だけを頼りにして、頭皮にいっぱいふりかけまくってもなかなか上手くいかないのは仕方無い事です。

育毛剤だけに頼るのは危険

育毛剤で失敗したと言っている人は、食事などの健康面の見直しはスルーしている事が多い訳ですね。
まず身体が不摂生モードになると、何とか健康を維持しようと頑張り始めます。
そして、生命維持と離れた部分から、ケアを放置し始めるのです。
要するに身体に入ってくる数少ない有効な栄養分を他に回してしまうのですよ。
だから、全身にそれらが行き渡らなくて、一部を見放してしまいます。
それが頭皮であり髪の毛だったりするわけですね。
こんな状況で薄毛になったのに、ただ育毛剤を使うだけだったら、そりゃ生えないのは当然ですよね。
中には不健康が原因ではなく、ホルモンバランスの崩れなどが原因で抜け毛が増えている場合もあります。
そんな時は、専門の医師に診断してもらう方が良いですが、不摂生が思い当たるなら、まずは健康体を目指す事が重要です。
このようにして身体の基本的な部分の改善を行いながら、育毛剤を活用すると、より効果が見込めるのではないでしょうか。

生えない自作育毛剤を使ってしまうとヤバイ

育毛剤で生えない理由の中に、何故か育毛剤を自作しているなんていう面白い例もあります。
ちょうど身近というか親戚に謎の自称育毛液を持っている人がいたので、どうやって作ったのか教えて貰いました。
すると、蜜柑の汁を使っているというから驚きですね。
あんな刺激が強そうなもので育毛剤とか、生えない結果となってもおかしくないと思いました。
でも、さすがに勝手に蜜柑の育毛剤が生えないとか決めつけるのは良くないので、詳しく調査したのです。
蜜柑に入っているリモネンという物質が、どうやらAGAを引き起こす諸悪の根源5α-リアクターゼを抑制するみたいですね。
このリモネン、どうやら他の柑橘類にも含まれている模様。
それだと別に蜜柑じゃなくても、レモンとかグレープフルーツとかでも育毛剤ぽいものが作れそうですね。

柑橘類で育毛剤らしきものを自作するのは危険

思わず柑橘系育毛剤を自分も作ってしまいそうになっていましたが、ここで重大な事実を知る事となります。
自作という事は、蜜柑の汁などをそのまま加工とかせずに使用します。
でも、柑橘類は、時間が経過すると変質してくるのです。
わかりやすく言えば、腐っちゃう的な感じですね。
そんな育毛剤モドキを頭皮に塗りつけると、痒くなったり腫れてする可能性だってあります。
成分が変質しているのだから、ただの生えない育毛剤ぽいナニかになっているわけです。
そんなヤバイものを薄毛に使うとか、恐ろしい話ですよね。
ちなみに自作育毛剤を使っていた親戚の頭皮は、当然のように寂しいままでした。
余談ですが、その蜜柑汁に飛びついてしまった私の父は、頭皮が赤く腫れてしまい皮膚科のお世話になっています。

効果がある育毛剤でも生えない方法で使うのは危険

育毛剤は使用上の注意をよく読んで使いましょう

育毛剤をふりかけ続けても生えないと文句を言う前に、その使用方法を見直してみると新しい発見があるかもしれません。
効果があるはずの育毛剤でも、使用方法を間違ってしまったら、生えないだけでなく頭皮を傷めたりする場合もあります。
多くの育毛剤は、頭皮にスプレーした後はマッサージする形になっているはずです。
そこで気合いを入れて擦りまくったら、何だか中の方へ染みこんでいってよく効きそうな錯覚に陥ります。
でも、ハードに擦ると、頭皮や毛穴に大きなダメージを与えて、薄毛にトドメをさす結果となりかねません。
それだけでなく、せっかくの髪の毛を強引に抜いてしまう事すらあるのです。
せっかく育毛剤を使うのなら、後で生えないと嘆きたくありませんよね。
それには、まず頭にふりかけたら、とりあえず頭皮に浸透するのを待つ方が良いでしょう。
その待機時間は、育毛剤によって様々なので、しっかりと使用方法を読んでおく必要があります。
大体数分程度までですが、塗っていきなりマッサージを始めないように注意です。
あと気にしておきたいのは、頭皮が濡れた状態で育毛剤を使うのか、それとも半乾き、もしくは乾燥させてから使うのかを確認する事ですね。
多くの育毛剤は、髪を軽くタオル等で拭いて、頭皮が少し濡れた状態で使うようになっています。
でも中にはドライヤー等で乾かしてから使用するものもあるので、その辺りも事前に使用上の注意を読んでおく事が重要ですね。
また、無駄に汚れた髪や頭皮のまま使用するのも良くありません。
育毛剤で生えないと嘆く前に、間違えた使い方をしていないか、じっくりと見直していきましょう。
正しい使い方をして生えないのであれば、自分に合わない育毛剤だったか、本当に使えないものだったかのどちらかですね。


チャップアップで生えないと悩んでいる人達の共通点

育毛剤のチャップアップを使っている私は、それなりに成果が出てきました。
その実践結果を自分と同じように薄毛と悩む人達の役に立てたいと思います。
そこで、チャップアップで生えないを実際に悩んでいる人達を探してみようと、悩みを持つ人達が集まるヤフー知恵袋を見てみました。
そこで、「チャップアップ生えない」で検索してみると、何と747件も出てきましたよ。
とりあえず、何件かどんな内容なのかチェックしていきます。
1つずつどんな人達が駄目だったのか調べていくと、共通点は使用方法を間違っているパターンが多かったという事です。
あと、敢えて自分流にアレンジしている人も多い印象を受けました。

使用方法を勝手に変えない事は重要

さらにビックリしたのは、間違えた使い方が正しいと信じている人も多い事です。
薄毛というメチャクチャ大きな悩みなのに、どうして説明書くらい真面目に読めないのか不思議でした。
私は、チャップアップ本体から、付属の紙まで片っ端から読みまくってましたよ。
そこからようやく恐る恐る使い始めたという感じです。
また知恵袋には、同じ人物が自演を繰り返している人がいたりして、とても悲しくなりました。
ハゲる恐怖と必死で戦っている自分を含めた多くの人達を馬鹿にしないで欲しいですね。
具体的な使ってみたやり方とか解決法が書かれていないものは、全てスルーで大体大丈夫だと思いました。
それでは、実際にチャップアップを使っている私が、現在上手くいっている方法と各悩みを照らし合わせていきます。

チャップアップで生えないと本気で悩む方々への解決策を提案

チャップアップで生えないと、真面目に思っている人達をヤフー知恵袋でピックアップしていきます。
今、まさに育毛が上手く行き始めている私の経験を隠さずに晒していきますよ。
それが、チャップアップを使っても生えないと本気で悩んでいる人達への解決策になれば幸いです。
少し偉そうに見えるかもしれませんが、それだけ真剣に育毛に挑んでいるんだと思っていただきたいです。
まずは1ヶ月経過したけど生えないという人がいました。
この人の使い方を見ると、一応チャップアップを朝と晩に使っているみたいです。
でも、薄毛が気になる前から頭頂部にかけてのみ、わずか15回だけプッシュしている模様。
どうやら、この人は、普通に1日2度使うと2週間で1本使い切ってしまう事がわかっているみたいですね。
そこで勿体ないからといって、自分ルールで正しい使い方を改変しています。
私は、何としてでも薄毛をどうにかしたかったので、お金はかかりますが我慢して朝晩30プッシュしました。

成功の秘訣はケチらない事

ただ、一気に塗るとエライ事になるので、ちょっとしたスプレー時のテクニックは使いました。
あと、髪と頭皮全体に塗りつけてマッサージしなければなりません。
部分的に使うという時点で間違っていますね。
確かにこれではチャップアップで生えないのは仕方ありません。
と言うか、1ヶ月では微妙にしか変わりませんよ。
こんな感じでチャップアップを使っても生えないという人の例を1つあげてみました。
実際に生えないと言いつつ使用方法を書いてある人は、大体間違えたやり方ですね。
他に気になったのは、自分が試したわけじゃないのに、知識的な理由だけで回答している方々がやたら多い事です。
そういう人達は、ほぼ育毛剤では生えない方向で答えています。
実際自分のような成功例もあるのだし、ううむ、これってどうなんだろうなあ。

チャップアップで生えない以前に抜け毛が減らない

チャップアップで生えない云々以前に抜け毛が減らないという悩みもありますね。
私の場合、使用開始数日で頭皮の痒みが薄れてきました。
それをきっかけに抜け毛は、それほど変わりませんでした。
でも、それはマッサージのやり方に問題があったからだとわかったのです。
例えば、知恵袋で質問している人は、爪を立てず、指先で擦らないようにグリグリするとあります。

指の腹でマッサージする様子

さらに朝は、その後ドライヤーで乾かすらしいですね。
私もまさにこの方法でやっていて、抜け毛が減りませんでした。
そこでもう一度、チャップアップの説明書を読んでみたわけですよ。
せっかく頭皮が育毛モードになっていても、マッサージを失敗して髪を抜いてしまったら勿体ないですからね。
最初に髪と頭皮を乾燥させるのは、チャップアップならではの方法。
次に誰もが液だれと戦う事となる30回のプッシュ地獄(笑)
とどめは60秒マッサージとなりますが、ここがポイントですね。
説明では「押し込むようなイメージ」で擦らずにとあります。
ここで私の効果が出ているやり方を紹介しますので、マッサージ方法で困っている人は参考にして下さい。

ドライヤーより自然乾燥が良い

それと、最後のドライヤーですが、これをやらずに自然乾燥させた方が、自分の場合は抜け毛が減っています。

抜け毛が出にくい掌全体で押し込むマッサージ方法

チャップアップで生えないと悩む人達共通のマッサージは、とにかく指を使っています。
そういう私も最初は指の腹をフル活用していました。
でも、それだとピンポイントで頭皮に刺激を与えるので、結果的に髪を引っ張ってしまいます。

生え際から頭頂部へ15回プッシュ

そこで、チャップアップを髪に部分的に15回スプレーしてマッサージ、さらに残り部分に15回スプレー後にマッサージという順番で行います。
そのマッサージ方法は、指では無く掌と指全体を使います。

掌全体を使うマッサージ方法

スプレー回数は30回だろうが15回だろうが、育毛ローションを塗ると、やたらタレてきやすいです。
タレてくるのを防ぐ意味も込めて、手を大きく使うのです。
すると、髪全体と塗りつけた育毛ローション諸共、手で押さえつける事が出来て一石二鳥。

側頭部や後頭部へのプッシュ

そのまま頭皮を押し込みつつ、軽く動かせば血行促進にも繋がります。
画像では撮影の都合上片手になってますが、しっかりと両手で行う事をおすすめします。
私は、この方法でマッサージし始めてから、抜け毛が激減しました。
指だけでも、この掌活用法でも、どっちにしてもハードに擦り付けるのはやめましょう。