MENU

髪の毛の太さ別に禿げる可能性を知る

髪の毛の太さが違うと、それだけでこの先禿げる可能性がどうなるのか、これはフサフサの時には考えもしない内容です。

でも、一旦薄毛の兆候が現れると、そんな細かい事だって気になってしまうから不思議ですね。

自分の髪は細いから、何だか脆い気がして、今にも抜けそうだ・・・とか、髪が太くて剛毛だったから、一本抜けるだけで地肌が目立つ感じがする。

禿げそうな雰囲気になると、こういった不安がどんどん頭の中に浮かび上がってきます。

こうなってくると、徹底的に調査して納得したいものです。

そこで、髪の毛の太さをテーマにして、それぞれ禿げとの関係性を学んでみました。

ほぼ、薄毛予備軍の私が、自己満足を得るためにやっている事ですが、同じような悩みを持つ方々の手助けになれば幸いです。

髪の毛が細くなってきたり、元々細い場合

最近何だか髪の毛が細くなってきたせいか、微妙に頭皮が透けて見えるなあ・・・

なんて事を考えてしまう私ですが、鏡とか窓に映る現実を見ると、異様にあれこれと考え込んでしまいます。

確かに昔より髪が細く力強くない感じなんですよね。

これって、本当に禿げのシグナルなのでしょうか?

自分はチャップアップを使うと髪の太さが復活してきました。

髪の毛が太くなる成分って本当にあるの?

髪の毛が細くなり、禿げそうな気がしてくると、弱々しくなった髪を太くする方法を探し始めます。

そんな自分自身が、一生懸命に何とかしようと思い、髪が太くなる成分を見つけ出そうと努力してみました。

髪の毛が太く逞しくなったら、もしかしたら抜けにくくなるかも?

なんていう幻想を抱いたのですが、真実は如何に?

僕の場合、髪が太くなる方法を模索していると、チャップアップという育毛剤にたどり着きました。

スキンヘッドにすると毛穴はどうなるの?

もはやこれまでと思った時、完全に禿げる前にスキンヘッドにしてやる!

そう思っているわけですが、あれって頭皮を剃り上げてしまいますよね。

スキンヘッドにしたら、毛穴ってどんな風になるのか、やたら気になりました。

いや、むしろ禿げが強調されないか不安になったので、その点も調べてみる事に・・・。

薄毛とストレスという永遠の命題

薄毛とストレスと言えば、まさに永遠の命題と言えるでしょう。

私自身、職場で激しいストレスに晒され続けた時、妙に抜け毛が目立ち始めました。

何というか、訳がわからないくらい頭皮が痒いんですよね。

そんな、それまで全く感じなかった症状が出始めたのが、ストレスだらけの生活を続けてからでした。

今はチャップアップで痒みが緩和されて、何気に薄毛もイイ感じに良化しています。

最終手段のカツラはバレないの?

禿げが進行してしまい、もうどうにもならないと思ったら、最終手段としてカツラを選択するしかありません。

でも、このカツラって、周囲にバレないの?なんていう、大きな不安がよぎるのも事実です。

薄毛脱出を諦めていないですが、カツラも何だかんだで気になります。

カツラを覚悟していた僕ですが、チャップアップで今は何とかなっています。

髪質が変化すると禿げへの道が拓かれる?

以前は髪の毛は超が付くほど直毛だったのに、最近は何だか曲がりやすくなった気がする。

そんな風に感じた後、薄毛が気になり始めました。

この髪質の変化は、本当に禿げへと繋がるのでしょうか?

これは凄く興味が出たので、じっくりと調べ抜いていきます。