MENU

髪質が変化してきたら薄毛の未来が見えてくる

髪質の変化に気付いたら既に薄毛かも

髪質が変化してきたなあと自覚してくると、既に薄毛が始まっている可能性があります。
男性の脱毛症だと、前髪の生え際から頭のてっぺんにかけて、やたら抜け毛が増えてくる感じですね。
でも、それが始まる前に、髪質が高い確率で変化しているはずなのです。
若い頃はイキイキとした腰と張りがある髪だったのに、異様にパラパラとした感じになってきて、直毛がくせっ毛になったりします。
このパターンの髪質変化が来てしまったら、近い将来ハゲてくると言われているようなものです。
薄毛は、髪が作られ成長、そして抜け落ちて生まれ変わるという発毛サイクルが、やたら早くなってしまう事です。
成長段階で髪が抜け落ちるために、まだ細い髪が抜け毛として出現します。
髪質が変化してきたと思ったら、朝起きた時に枕や布団に付いている抜け毛をチェックするとわかりやすいですね。
その本数が増えていたり、抜けている毛が、妙に短い物が多かったりすると怪しいのです。
成長段階の短い毛が抜け落ちるという事は、発毛サイクルが変化しているわけですね。
言い換えれば、薄毛への道が出来上がっているのです。
このまま、せっかく生えてきた新しい毛が、成長せずにどんどん抜けると、当然ながらハゲてしまいます。
大体この症状が出てきたら、何だか髪のぺしゃんこになってきたなあ、なんて感じてきます。
あと、髪質の変化で、髪の手触りが軽いというか、毛の抵抗が感じられなくなってきます。
私はチャップアップという髪の運命を変えるものに巡り会うのが、かなり後でした。
もし髪質が変化してきた頃、いや薄毛の未来が見える前に使っていれば、もっと人生変わっていたかもしれません。


髪質が変化する理由とは?

悪い食生活や洗髪が髪を痛めつける

髪質が変化してくると、だんだん薄毛が近付いているわけですが、一体どうして髪質って変化してくるのでしょうか。
その理由について探ってみました。
髪が弱々しくなるのだから、まず考えられるのが髪に必要な栄養分が足りない事です。
髪が生成される場所へは、全身を巡っている血管により栄養が送られています。
栄養摂取のバランスが崩れてくると、人間は生命維持を最優先するのです。
という事は、命を繋ぐ上で重要な内臓などに栄養を沢山送り始めます。
別に髪が無くても生きていく事は可能だと身体は考えるわけですね。
シンプルに栄養が足りない分は、髪を切り捨ててどうにかしようとしてしまうのです。
食生活が悪い方向に向くと、このように知らず知らずのうちに自らの髪の命を絶つ事となってしまいます。
次に髪質が変化する理由として、洗髪が上げられます。
髪に直接触れる行為だけに、大きな影響があってもおかしくありませんよね。
洗髪で使うシャンプーが、ただ汚れを落とすだけで髪や頭皮に悪いものだったらどうなるでしょうか。
化学合成された安価なシャンプーは、髪や頭皮だけでなく身体には普通に良くないです。
しかも、そんなシャンプーで、強く頭皮を擦ったりすると、強引に髪質を変化させる要因になりえるわけですよ。
だから、発毛サイクルが狂うとか以前に、単純に洗い方だけで髪を破壊している場合もあるのです。
また洗髪の逆で、髪をあまり洗わない場合も危険です。

頭皮が汚れ続けると、フケで痒くなって、それを掻きむしり炎症が発生なんて事もありえます。
毛根がある部分がダメージを受けるのだから、髪質が強制的に変化するのは当然ですね。
髪と頭皮に良いチャップアップなどのシャンプーを使って正しい洗い方をして、常に清潔にする事が薄毛予防には効果的なのは間違いありません。


髪質が変化して抜け毛が増えるのは女性も同じ?

ホルモンバランスが髪に大きく影響

髪質が変化し始めて、抜け毛が増えてくるのは男性だけではなく女性も同じです。
男性も女性も、ホルモンのバランスが崩れると髪に影響が出ます。
中でも女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、髪が成長しづらくなってしまいます。
貧弱な髪になってしまい、髪質の変化が大きく感じられるのです。
女性の抜け毛の増加は、ホルモンバランスの崩れが大きく影響します。
でも、元々女性は、ホルモンバランスに関しては、とても気遣っているはずです。
しかしながら、知らない間に生活習慣が悪化していて、いつの間にやらホルモンバランスが大きく崩れていたなんて事が多いのです。
学生時代を終え、就職すると社会人としてのストレスや睡眠時間が短くなったりと、身体に悪い事だらけ。
そしてちょうど10年が超える三十代半ばになると、髪質の変化に気付き始めるのです。
女性は、こうなってしまうと何とかしてホルモンバランスを復活させる必要があります。
ここで役立つのがプラセンタだったりします。
このプラセンタは、何気に髪の生成から成長を促進してくれるからビックリですね。
ただ、プラセンタは沢山の種類があって、どれを選べば良いかよくわかりませんよね。
でも、純度が高くて安全なものを選びたいものです。
安いからといってパチモンを掴まされたら、大変な事になりますからね。
プラセンタには原液と原末が存在します。

前者は、何だか濃そうな感じがしますが、実は本の数パーセント程度の濃度だったりします。
そして後者は、普通に高濃度ですが、ただ高くて手が出にくいです。
でも効果が感じられないものに手を出すよりは、マシですが正直な所、色々と考え込んじゃいますよね。


髪が生える前兆となる髪質の変化もある

髪質の変化と言っても、薄毛への道だけでなく、逆に髪が生える前兆もありえます。
あらゆる育毛に成功して、薄くなった髪が復活する前には、それなりに変化が現れるものです。
私の場合、薄毛が良化し始めたきっかけとなったのが、チャップアップという育毛剤でした。
その時の育毛活動の様子は、こちらを参照していただくとして、髪が生える前兆に注目していきます。
元気だった髪が、どんどん弱々しくなってくると薄毛への前兆でした。
だから、髪が生える前兆は、その逆なんですよね。
私が体験した変化は、まず髪が増えていない段階に発生しました。
まずは薄毛ながらも、髪自体の弾力が蘇ってきたのです。

髪に弾力が出てきたら良い前兆

髪に手で触るとわかるレベルで、髪質が変化しました。
以前の弱く細い髪だと、手で触れるとふにゃってなるだけでなく、下手したら抜け落ちていました。
でも、髪が増える前は、手に抵抗を感じるようになったのです。
言い換えると、髪に芯が入ったみたいに、ちょっと大げさですがゴムのような硬さが加わった感じですね。
生活習慣の改善と良い育毛剤とシャンプーを使っていると、最初の変化を感じるまで時間はそれほどかかりませんでした。
正直に言うと、大体数日で小さな変化を感じていました。
私の例だと、髪が生える前兆と言える変化は太さと硬さです。
何かしらの育毛行動を取って、髪に力強さを少しでも感じたら、奇跡は目の前にやってきていると思って良いでしょう。