MENU

スキンヘッドにすると毛穴はどうなる?

スキンヘッドにすると毛穴から髪がなくなりますよね。

そりゃ剃り上げるのだから当然ですが、ただそれだけなのでしょうか。

薄毛が進行すると、禿げた頭皮をバレないように誤魔化すのは大変です。

こんな日々を繰り返していると、もうスキンヘッドでイイやと思ってしまうかもしれません。

ハゲるのなら全部剃ってしまおうか

一旦剃り上げてしまうと、薄毛なんてわからなくなるので、ある意味精神的負担から脱出できそうですね。

でも、スキンヘッドにすると、毛穴が閉じてしまうのです。

何本か一部の毛穴が閉じてしまうくらいなら、小さな事です。

でも、スキンヘッドにする事により、いきなり沢山の毛穴が閉じてしまうわけですよ。

スキンヘッドにすると毛穴が閉じちゃう

するとどうなるかというと、開いていた毛穴がキュッと閉じると、頭皮が引っ張られます。

1本や2本とかなら、軽く突っ張る程度でしょうけど、何千何万の毛穴が一気に閉じてしまうとどうなるでしょうか。

ちょっと考えるとわかりますが、頭皮が思いきり引っ張られまくるのです。

髪を剃ると頭皮が引っ張られるイメージ

はい、めちゃくちゃ頭皮に負担がかかってしまいますよね。

vだから、禿げてきたからといって、思いきってスキンヘッドにするのは、少し考えた方が良いのです。

確かに見た目は大きく変わって気分転換にもなるし、薄毛も関係無くなります。

でも、育毛に少しでも未練があるのなら、一旦スキンヘッドになるのを思いとどまるのも1つの手段と言えるでしょうね。

スキンヘッドだと毛穴が消える?

スキンヘッドにしている人が身近にいたら頭を見せて貰ってください。

多分、毛穴が消えたみたいに綺麗な頭皮に見えるはずです。

薄毛じゃなく健康な人が普通に髪を伸ばしている場合、頭皮で髪が作られ、生えてきて育ち、そして抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。

スキンヘッドだと毛穴が消えたみたいに見える不思議

元気いっぱいに髪が活動状態にあるわけですね。

だから、毛穴も開いていて、しっかりと目視しやすいと思われます。

でもスキンヘッドだと、常に髪を剃り上げているので、毛穴が見えづらくなっているのです。

毛穴が閉じて頭皮が突っ張り、さらに分かり難くなっているわけですね。

スキンヘッドにしたからといって毛穴が消えるわけじゃない

とは言っても、スキンヘッドだからといって、毛穴が消えているわけじゃありません。

単純に頭皮が艶やかに見えて、毛穴が目立たないだけだったりします。

それに実は、目視が難しいほどの小さな毛が大量にあるので、布地のものに引っかかりやすくなっています。

スキンヘッドはタオルとかも引っかかりやすい

だからツルツルに見える頭皮だけど、風呂場でタオル等を乗せても落ちてこないなんて面白い事も可能です。

逆に、暖簾などに引っかかり、首が引っ張られるなんて事故もあるので、注意する事も必要になってきます。

スキンヘッドは滑りが良さそうですが、実際はその逆だったのです。

ただ毛穴が消えたように見えるスキンヘッドだと、チャップアップなどの育毛剤をかけると垂れ流し状態になるので注意ですね。

スキンヘッドにすると毛穴が弱って生えてこなくなるの?

髪を剃り上げると毛穴が弱りそう

スキンヘッドにすると毛穴が弱ってしまい、毛が生えてこなくなるなんて話聞いた事ないですか。

例えば、薄毛になったとか禿げてしまったわけではないお坊さんが、いつも頭を剃り上げていたとしましょう。

しかも何年もその状態で過ごして、ある時、いきなりスキンヘッドをやめたとします。

この場合は、単に剃るのをやめるだけですが、普通に髪が伸びてくるのです。

スキンヘッドをやめれば普通に髪は生える

スキンヘッドにすると、毛穴は閉じてしまい、あまり頭皮には良くありません。

でも、脱毛症などで薄毛になってしまったわけじゃなければ、髪は復活します。

しかも、スキンヘッドにしたからと言って、毛穴から髪の毛が消滅するわけでもありません。

頭をツルツルに剃っていても、毛穴の中には髪がちょっとだけ残ってしまいます。

さらに、その髪はヘアサイクルを繰り返し、勝手に寿命を迎えて抜け落ちて、また再生しているのです。

薄毛で悩んで慌ててスキンヘッドにするのは頭皮に良くない

これらの理由で、スキンヘッドにしても、強引に毛を抜きまくって毛穴にダメージを与えたりしない限り、生えてこないなんて事はないのです。

ただ、育毛を意識する薄毛の場合、見た目を何とかしようと思ってスキンヘッドにするのは、頭皮にあまり良くないと思われます。

何だかんだで、髪を剃り上げると毛穴に刺激を与えているからですね。

まずはスキンヘッドにして毛穴が弱らせる前に自分は、チャップアップを試す事にしたわけです。


スキンヘッドで腰のある髪が蘇るという都市伝説

スキンヘッドにすると、再び髪が生えてくると、弱った髪が腰のある健康な状態で蘇るとかいう都市伝説があります。

抜け毛が増えて、見るからに薄毛に突き進んでしまう頭皮。

そんな状況だけに、一旦髪を剃り上げてスキンヘッドにしたら、毛穴を休ませる事ができて健康な髪が復活するのではないかと思ってしまいます。

でも、結論から言うと、髪を全部剃ってしまったから、次に健康な髪が生えてくるなんて事はありません。

スキンヘッドにしてから髪を伸ばすとハリが復活?

髪が生産されるのは、毛穴の中というか毛根です。

それは頭皮からは見えない中身なので、表面的に髪を剃っても大した影響はありません。

むしろ育毛を考えるなら、スキンヘッド云々よりも、髪の生産を強化する事に力を入れるべきでしょう。

何故か薄毛予防として、若い頃にスキンヘッドにしたり短髪にするなんて話をよく聞きます。

薄毛予防で若い頃にスキンヘッドにしても意味なし

これは髪が短かったり剃っていたら、抜け毛が発生しにくいのじゃないかという、適当な妄想が理由です。

若い頃から長髪でも丸坊主でも、年齢を重ねて禿げる時には禿げるし、禿げない人は禿げないのです。

ただ、ずっと髪を伸ばしていて、ヘアスタイルを弄りすぎるあまり、頭皮に刺激を強烈に与え続けていた場合は、確かに薄毛への影響は出るでしょう。

この点を考えると、スキンヘッドや短髪で長期間過ごす事は、ある意味育毛的には悪い事ではないかもしれませんね。

スキンヘッドにしたら薄毛に効果があるのか?

スキンヘッドにした場合、もう既に薄毛だった時には何かしらの効果があるのか?

これはハゲそう、もしくはもうハゲている人にとっては、かなり重要な問題です。

結論から言うと、スキンヘッドにして、もう一度髪を伸ばしても特に変化はありません。

とは思っていても、特に若ハゲだと自覚していると、もはやスキンヘッドにでもしてやろうかと思うのは仕方ありません。

スキンヘッドでイケメン化する図

むしろ、スキンヘッドの方が、何だか格好良く見えそうな気がしてくるくらいです。

事実、頭髪をツルツルに剃り上げて、毛穴が見えないくらいになっている人でも、イケメンは割といます。

抜け毛が激しくなって、どんどん薄毛になっていきそうだと、そっち方面にシフトチェンジしたくなります。

実際、それまでただの薄毛野郎だったのに、スキンヘッドにしただけで、意外と格好良くなるなんて事があります。

その他、薄毛部分と髪がまだ普通に生えていた部分との境界線がわからなくなるのも、大きなポイントでしょう。

スキンヘッドにしようか悩む薄毛の人

このようにスキンヘッドは外見的な意味では、薄毛にかなりの効果をもたらすと思われますね。

また、髪を剃り上げる事で髪の重さがなくなります。

それは毛根への負荷がなくなる事を意味します。

これだと弱っていた毛根でも抜け毛が減りそうな気がしてきますよね。

ただ、スキンヘッドを維持するためのメンテナンスは、毛穴へダメージを与える場合があるので注意です。

髪を剃る時は細心の注意を!

連日、カミソリを使って頭皮の上を擦る事になります。

スキンヘッドにするので短く見えない毛を剃るから、これは仕方ありませんよね。

でも毛穴を鋭利な刃物で擦る結果になるので、毛穴を傷つける可能性は上がります。

すると、毛穴から髪が生えてこなくなるなんて事もありえますよね。

特に毛穴にダメージが入らなければ、薄毛には何かしらの効果は出ませんよね。

しかし、それは紙一重だという事を知っておいた方が良いですね。

正直、私だと毛穴を傷つけまくりそうな予感がします。

スキンヘッドで自信満々になってパワフルに生きよう

スキンヘッドに、いざするぞ!と思っても、なかなか踏み切れないものです。

実際に髪を剃るには、とても強い決断と気合いが必要となります。

スキンヘッドにしてくれる床屋さんは、ほとんどないみたいで、自分で剃る事がほぼ必須という話です。

髪を剃るには、刃物を頭に突きつけるという、ちょっと間違えたら大怪我してしまう行動を取る必要があります。

スキンヘッドにする人は勇者

その点から、実際に薄毛が理由でスキンヘッドにした人は、とても勇気があると言えます。

だからスキンヘッドの人は、1つ1つの行動にとても自信が満ちあふれているわけですね。

逆に中途半端にハゲていて、それを誤魔化そうとしている人にイケメンは、まずいませんよね。

実際、私の職場にも、スキンヘッドに超近い丸刈りな奴がいて、やたらモテています。

中途半端なハゲよりスキンヘッドがモテる

元々彼はカッコイイ顔というわけではありませんが、頭を丸めた瞬間からモテ期になった感じです。

彼は今の私と同じで、以前は薄毛に悩んでいました。

そしていきなり剃り上げたらギャップがヤバイからと言って、まずは超短い丸刈りにしたわけですね。

でも、それだけでも、薄毛部分とのバランスが良くなって、見た目が改善されました。

髪型が豪快に変わった事をネタに、勝手に女子社員達が近付いてくるのだから面白いモノです。

場合によってはスキンヘッドでパワフルに生きるのも大有り

どうやら、スキンヘッドを目指すと自信満々になって、パワフルに生きる事が可能みたいですね。

とりあえず、その様子を見た私は、育毛に限界を感じたらスキンヘッドにするしかないと思いました。

今使っているチャップアップが駄目だったら、もう髪を剃るしかありません。

ですが、まだ薄毛解消への道が閉ざされていないのなら、最後まで足掻いてみる価値はありますからね。

どうせパワフルに生きるなら、髪を元に戻す方が嬉しいです。

スキンヘッドにする方法が気になった

スキンヘッドにする時が、いつやってきても良いように、髪を綺麗に剃る方法が知っておく事にしました。

いくらハゲてきているとは言っても、普通に髪が生えている箇所は、まだまだあります。

そんな状態で、いきなりカミソリで剃るなんて怖い事はできませんからね。

普通の髪の人がスキンヘッドにするには、最初に通常のバリカンで丸刈りレベルにする必要があります。

ただバリカンを自力で扱って、髪を刈るのは意外と難しいです。

バリカンで丸刈りにする様子

私は学生時代、自力で髪を刈ろうとしてメチャクチャになった事があります。

もし、自分で丸刈りにする自信がない場合は、普通に散髪屋さんへ行く方が良いかもしれませんね。

まあ結局はツルツルに剃るのだから、多少虎刈りになっていても問題無いと思いますが・・・。

丸坊主にしたあとは、長めの髭を剃るイメージで、大量のシェービングクリームを付けながらカミソリを使って剃り上げます。

丸刈りになったら自分で剃るか散髪屋さんで剃って貰う

髪の毛が生えている向きに逆らって剃るのが基本という事ですね。

なんて事を知るだけでも、何だかちょっと痛そうに思えてきますが、事実最初は痛みと格闘するらしいです。

私はバリカンで髪を刈った事がありますが、スキンヘッドを目指してカミソリで剃った事はありません。

髭ですら、シェーバーを使って楽しているくらいです。

だから、ただやり方を見ても、正直実際にやれる自信がないですね。

通常のカミソリとT字タイプ

後頭部とか耳の後ろとか剃る時、絶対に超難しいと思ってしまうはず。

目で見えない位置を綺麗に剃るとか、まさに神業ですね。

何やら慣れてくると、手触りだけで剃り残し無く綺麗に剃れるという話です。

実は簡単そうで、実際にやるのは難しいのがスキンヘッド。

これならなるべくスキンヘッドにしないように、頑張って育毛に励みたい所です。

スキンヘッドの維持費が予想以上だった

スキンヘッドにしている人に、ツルツルな頭皮を維持するのに、どれくらい費用がかかるのか教えて貰いました。

髪を単純に自力で剃るだけだから、通常の散髪よりも安いと予想していたのですが、事実は全然違いました。

とりあえずスキンヘッドにするのだから、毎日髪を剃るわけですよ。

基本は入浴時に毎晩剃るイメージですね。

そこでは、当然カミソリが必要となりますが、主にT字タイプの髭剃りを使っているらしいです。

うん、あれだったら、自分でもやれそうな気がします。

床屋さんタイプのカミソリだと、頭皮を切って流血する自信があっただけに安心しました。

仕上げにはT字髭剃りが良いが使い捨てになる

最近はT字の髭剃りとか、ホームセンター辺りでお徳用のセット販売されていて良い感じです。

でも、毎日1つペースで髭剃りが使い物にならなくなっていき、ほぼ使い捨て状態との事。

普通に髭を剃っているだけだと、あれって割と長い間使い回せますよね。

髪の毛って、超短くなっても量がかなりあるという事がわかりました。

私は現在、安い散髪屋さんを利用しているので、2ヶ月に1度1900円程度です。

しかし、スキンヘッドの維持にはカミソリ代が、1ヶ月に5000円以上必要だと教えられました。

スキンヘッドの維持費がヤバイ

実はスキンヘッドって、色々と面倒な上にお金がかかるんですね。

収入が多い人なら問題ありませんが、安月給な者にとっては死活問題となります。

普通に髪が復活してくれれば、ここまで苦労する事はないはずです。

髪が生えてきてくれれば、毎晩、髪に髭剃りを突きつける必要もありませんからね。

そんなわけで、予想以上のスキンヘッドの維持費を知ると、ますます頑張って髪を増やすしかないなと思い始めましたよ。

このような考えから、まずは効きそうな育毛剤チャップアップを試してみる事にしました。

私が実際にチャップアップを使っている様子