CUトリートメント(女性用)を男が試した結果

CUトリートメント(女性用)を薄毛な中年男が使ってみた結果

CUトリートメントを男の僕が使います

CUトリートメントを男の僕が、実際に使う様子を公開します。

まず購入、そして到着、さらに使用まで詳しく解説する形です。

あと僕は、薄毛でチャップアップ育毛ローションを使用中という所もポイントとなります。

では、CUトリートメントを男の僕が使っていく姿を公開です。

CUトリートメント(女性用)を買ってみた

CUトリートメント(女性用)をCUシャンプーの補充ついでに買ってみました。

はい、僕は普通に中年男で、今絶賛薄毛とバトル中です。

一応リンス的なものは必要ないとされているCUシャンプーですが、洗髪の仕上げに何かないかと思っていました。

CUトリートメント(女性用)注文中の様子

そこで目に付いたのがCUトリートメント(女性用)です。

チャップアップの公式サイトを見ていると、シャンプーとトリートメントのセットが普通にあったので、ちょっとお得に注文出来ました。

単品で買うと合計7180円の所、CUトリートメントとシャンプーをセットで買うと6990円でした。

CUトリートメントが女性用だとわかる図

あと、どこから見ても間違って購入しないように、しっかりと女性用と書かれていますね。

そこを敢えて強行突破して、中年男が買ってみたわけです。

注文が日曜だったので、CUトリートメントの到着は火曜日になりました。

CUトリートメントが到着した箱

予想通り、チャップアップ育毛ローションと同じダンボールに入って届きました。

中身を見てみると、どうやらCUトリートメントの場合、付属の紙が少し違うみたいですね。

CUトリートメントに付属の女性向けの紙

ここは女性用というだけに、女性向けのマッサージ方法などが書かれたものが入ってました。

あと、CUシャンプーに付いてくる、男性女性両方向けの冊子も付いています。

敢えて女性用のCUトリートメントを買ってみたわけですが、何だかワクワクしてきましたよ。

CUトリートメントのメニューへ戻る

CUトリートメント本体を取り出してみた

CUトリートメント本体をプチプチから取り出してみました。

CUトリートメントとシャンプーをプチプチから取り出す様子

シャンプーと並んで入っているプチプチから開放すると、思っていたよりも大きい事がわかります。

CUトリートメントが思っていたより大きい

CUトリートメント本体の裏面を見ると、凄い数の成分が含まれている事もわかりますね。

CUトリートメントの裏面

あと、さりげなく使用方法も書かれてありますが、超簡潔過ぎて衝撃的でした。

また、よく見ると、薄いビニールに包まれているので、もう一皮剥く必要があるみたいです。

CUトリートメントの外装開け口

フタの先端部分に開け口があったので、そこを引っ張ると開封できる仕様ですね。

では実際にCUトリートメントの薄いビニールを開封してみます。

ビニール外装がちぎれそう

フタ付近の開け口を指で摘まんで引っ張ると、ちょっと苦戦するも割と簡単に開きました。

完全開放されたCUトリートメントは、思っていたよりも丈夫そうな材質です。

これだったら、浴室で落下とかしても全然問題無さそうですね。

脱皮中のCUトリートメント本体

当たり前ですが、思いっきり防水仕様になっています。

これだとCUトリートメント本体が、シャワーの流れ弾とかがヒットしても大丈夫だと思われます。

さあ、CUトリートメント本体を取り出し、手に取って確認した事だし、実際にどう使うのか見ていきましょうか。

CUトリートメントのメニューへ戻る

CUトリートメントの使い方を確認したぞ

CUトリートメントは女性用なので、男の自分がどう使うのかは実際わかりません。

だから、仕方無く女性向けの使い方を実践してみる事にしました。

幸いCUシャンプーは男女共に共通なので、洗髪まではこれまで通りに行えます。

洗い方からトリートメントまでの解説

ただ、そこから後で、薄毛の中年男が性別の壁を突破しなければならないのです。

では実際にCUトリートメントの使い方を確認していきましょう。

商品と一緒に届いた冊子を見ると、まずは普通にシャンプーする模様。

その後、トリートメントが薄まらないように髪の束を軽く握り、水気を切るとあります。

トリートメントの詳しいやり方

ここで困った事に、自分は育毛を考えるレベルの薄毛だった事を再認識させられます。

ええ、髪の束なんて作れるほど数がないのです。

「ええい、やむを得ん、ここは無理矢理軽いタオルドライも駆使して水気を切るぜ!」

そう割り切って、次の段階に目を移すと、いよいよCUトリートメントを髪に付ける所でした。

自分の薄毛だとトリートメントとか無理ゲー

両手に500円玉程度の量を付けて、掌全体で髪に広げていくみたいですね。

追撃とばかりに、ここでも髪が足りないという問題点が発生!

トリートメントが頭皮に付けないようにとか書いてあって、ちょっと無理ゲーぽい。

あと、おそらく半分程度の量でも間に合いそうな予感がしますが、ここは敢えて説明通りにやってみようと思います。

そしてラストは、2~3分待機した後で軽く洗い流して完成という感じですね。

CUトリートメントを浴室へ設置

このようにCUトリートメントの使い方を確認した後は、浴室に設置しておき本番に備えます。

CUトリートメントのメニューへ戻る

CUトリートメント(女性用)を実際に中年男が使ってみた

CUトリートメント(女性用)を実際に中年男である僕が、いよいよ実際に使ってみる事になりました。

とりあえずドキドキしながら、いつものようにCUシャンプーで洗髪します。

そして、短くて薄い髪を無理矢理掴んで、何とか水気を切りました。

シャンプー後に水気を切る姿

そして掌にCUトリートメント(女性用)を適量取って、頭皮に塗りつけないように髪に付け伸ばしていきます。

500円玉くらいの量がわからずテキトーにトリートメントを出した掌

でも、500円玉くらいの量がよくわからず少し悩みましたが、ヤケクソになってテキトーにやっちゃいました。

ここでは割と髪を引っ張る形になるので、メッチャ髪が抜けそうで怖かったです。

頭皮にトリートメントが付かないように慎重に作業を進めている自分

こうして、慎重に髪にトリートメントを塗りつけていきました。

すると、元々女性のように長い髪ではないので、何だかやたら逆立った形でフィニッシュしました。

CUトリートメント(女性用)を塗りつけた結果、まるで逆立ちしているみたいな髪型に変身です。

トリートメントを髪全体に伸ばした結果

まあ、それは気にせず、そのまま3分ほど待機して、シャワーで軽く洗い流しました。

そして軽くタオルドライかましてから、20センチほど髪から離した位置からドライヤーです。

ドライヤーで異様なサラサラ感

既にこの時点で、いつもとは違った髪質を感じていました。

どうやらCUトリートメント(女性用)は、中年男が使っても問題無さそうです。

CUトリートメント後の完成図

乾燥した直後の髪は、いつもよりボリュームがある感じで、やけにサラサラしていました。

こんな痛みまくった薄毛の野郎でも、ここまで仕上がるCUトリートメント(女性用)は、マジでスゴいと思いました。

はっきり言って、髪だけ若返ったような錯覚すら覚えます。

こんなの若い女性が使ったら、魅力2倍増しにはなると思われます。

CUトリートメント後に育毛ローションも使ってみた

しかしながら、薄毛を攻略中の自分は、ここからチャップアップ育毛ローションを使う事になるわけですね。

はい、いつもと違う工程だけに、もしかするとヤバイ抜け毛とか出ないか超心配でした。

CUトリートメントと育毛ローションを併用した直後の髪

でも、実際に育毛ローションを塗って、いつも通りにマッサージしても特に痛みとか痒みとかはない感じ?

とは言え、このCUトリートメントとの併用を継続するのは少し怖いので、たまにやる程度にしておきます。

CUトリートメントとチャップアップ育毛ローションの相性

とりあえず、CUトリートメント(女性用)を実際に使った直後にチャップアップをスプレーしても、特に問題ありませんでした。

CUトリートメントのメニューへ戻る