CUシャンプーの成分を調べて簡単にまとめてみた

トップバナー名

CUシャンプーの成分を調査した時の様子を公開

CUシャンプーの成分を調査した時の様子を公開していきます。

CUシャンプーの成分調査メニュー

初めて使うだけに、中身がどうなっているのか気になるのは当たり前です。

特に薄毛という敏感な頭皮だけに、やたら神経質になっちゃいます。

では、CUシャンプーの成分を調査した時の様子を公開しますよ。

CUシャンプーの成分は何だかいっぱいだった

CUシャンプーの成分は、本体の裏面を見ると何だかいっぱい入っている事がわかります。

CUシャンプー裏面の成分表

うん、画像だと何がどうなっているのか、さっぱりわかりませんね。

わかりやすく、並べてみると以下の通りになっています。

コカミドプロピルベタイン

ココイルグルタミン酸2Na

コカミドメチルMEA

トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース

ラウロイルアスパラギン酸Na

セバシン酸ジエチル

グリセリン

メチルグルセス-20

ココイルトレオニンNa

ラウリン酸ポリグリセリル-10

ココイルグルタミン酸Na

PPG-3カプリリルエーテル

ポリクオタニウム-6

ポリクオタニウム-53

γ-ドコサラクトン

サガラメエキス

BG

グルコシルルチン

グルコシルヘスペリジン

レモン果実水

フェノキシエタノール

ポリアミノプロピルビグアニド

クエン酸

セージ葉エキス

ローズマリー葉エキス

キュウリ果実エキス

タチジャコウソウ花・葉エキス

ラベンダー花エキス

セイヨウサンザトウキンセンカ花エキス

グリチルリチン酸2K

ユキノシタエキス

マタタビ果実エキス

ウメ果実エキス

ドクダミエキス

サトザクラ花エキス

アスコルビン酸

リンゴ酸

香料

こうして見ていくと、CUシャンプーの成分は、見た事があるものからわけがわからないものまでありますね。

割と面倒ですが、各成分を1つずつ調べていきました。

成分調査メニューへ戻る

CUシャンプーの成分を片っ端から調査

CUシャンプーの成分を、とりあえず片っ端から調査していきますよ。

CUシャンプー成分表の拡大図

細かい事はなしで、わかりやすくまとめてみました。

これはCUシャンプーに限らず、シャンプーは水分から成り立っているので、入っていて当然ですよね。


コカミドプロピルベタイン

ヤシの実オイルが原料となっている成分です。

洗浄、保湿といったシャンプーの基本的な効果がありますね。


ココイルグルタミン酸2Na

これも洗浄力が高く、しかも低刺激というから育毛には良さそうです。


コカミドメチルMEA

低刺激性の洗浄効果を補助する成分で、泡立ちに影響を与えています。


トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース

この成分は、簡単に言えば安全に粘度を高める効果があるものです。


ラウロイルアスパラギン酸Na

これも洗浄成分ですが、アミノ酸が入ったものです。

無駄に皮脂を取りまくらないのが特徴で、CUシャンプーでフケが出にくい要因でもあります。


セバシン酸ジエチル

これは頭皮への浸透率を高める効果があるので、何となく育毛的には良さそうですね。


グリセリン

元々は皮膚に刺激を与えない保湿成分として知られています。

シャンプーとしては、保湿の他に髪や頭皮への馴染みやすさを上げる働きがあります。


メチルグルセス-20

保湿に加え、肌に優しく、髪がふわっとした感じに仕上がる効果が期待出来ます。


ココイルトレオニンNa

さりげなくコンディショニング効果が入った洗浄成分です。


ラウリン酸ポリグリセリル-10

人の肌にある皮脂に近い成分で、うるおいを長持ちさせるという成分です。


ココイルグルタミン酸Na

それなりに洗浄力を備えて、髪や頭皮に刺激が少なく、保湿力が高い仕上がりになる手助けをしてくれます。


PPG-3カプリリルエーテル

洗い上がりの良さをアップさせ、ブラシやクシの通りが良くなります。

さらに、ふっくらとボリュームがある髪に仕上がる効果もある成分です。


ポリクオタニウム-6

髪のコンディショニング効果が高く、洗浄後に滑らかになって、見た目が艶やかで美しさも上がります。


ポリクオタニウム-53

洗い終わった後の引っかかりが少なくなるというコンディショナーのような効果があります。


γ-ドコサラクトン

シャンプーの後、ドライヤーで加熱しても髪を守ってくれます。

髪を傷めないために育毛との相性は良さそうです。


サガラメエキス

乾燥しがちな頭皮の人でも素晴らしい保湿効果が期待できる成分です。


BG

頭皮は髪に対して安全な保湿、防腐効果がある成分です。


グルコシルルチン

柑橘系などに含まれる成分で、酸化、炎症を防いでくれます。


グルコシルヘスペリジン

痒みやフケを防いで、毛細血管に作用する事で血行がアップする効果もあります。


レモン果実水

その名を見たまま、レモンから絞りとられた成分で、何と言っても肌に良いビタミンCのパワーが発揮されます。


フェノキシエタノール

これは割と安全性が高い防腐剤といった所です。


ポリアミノプロピルビグアニド

水に溶けやすい防腐効果がある成分だと思っておけば大体OK。


クエン酸

疲労回復サプリの入っているクエン酸がどうしてCUシャンプーに入っているの?

とか思ってしまいますが、きしむ髪を柔らかく仕上げる作用があったりします。


セージ葉エキス

CUシャンプーでは主に炎症防止と血行促進、また抗菌作用辺りが目的で配合されていると思われます。


ローズマリー葉エキス

育毛で重要な頭皮の血行促進に効果がある成分です。


キュウリ果実エキス

食べて美味しいキュウリのエキスは、頭皮のスキンケアで役立ってくれます。


タチジャコウソウ花・葉エキス

頭皮を整えたり、血行促進、また抗菌作用などもある、割とよくばりな成分です。


ラベンダー花エキス

CUシャンプーの他に化粧品などにも使われていて、炎症を防いでくれる効果があります。


セイヨウサンザトウキンセンカ花エキス

頭皮に潤いを与え、また血行促進や抗菌作用もあったりします。

また、洗い上がった髪をふんわりボリュームアップしてくれる便利な成分でもあります。


グリチルリチン酸2K

副作用の危険性がない抗炎症効果が期待できる成分と言えます。


ユキノシタエキス

殺菌効果があったり、肌荒れなども予防してくれる、とても良い奴。


マタタビ果実エキス

何だかネコが喜んで近寄ってきそうな成分ですが、実は美容効果があったりします。

シャンプーで使う事で頭皮が元気になるわけですね。


ウメ果実エキス

アンチエイジング効果が優れているので、髪だけでなく皮膚にも良い影響を与えてくれます。

頭皮へは血流アップ効果があるので、髪の生成の補助となりそうです。


ドクダミエキス

飲む方でも有名なドクダミは、その名の通り解毒作用があります。

髪や頭皮へは保湿や抗炎症、抗菌といった効果が期待できます。


サトザクラ花エキス

硬くなった頭皮の柔軟性を上げたり、保湿効果がある成分です。


アスコルビン酸

何やら難しそうな名前の成分ですが、実はビタミンCの元なのです。

混じりけがないビタミンCと思っておけば大丈夫ですね。

肌への美容効果に優れているので、頭皮にも良い感じです。


リンゴ酸

栄養素が外部へ出やすいアルカリ性化した髪を酸性に戻してくれます。


香料

色んなシャンプーに入っている香料ですが、チャップアップでも例外ではありません。

でも、どんなものが入っているのか全く謎です。

そこで実際にCUシャンプーの匂いを確認してみました。

CUシャンプーの原液の匂いを確認する様子

画像がまるでシャンプーの液体を舐めているみたいになっているのは、気にしないでくださいw

で、肝心なCUシャンプーの匂いですが、フルーツ系のフーセンガムみたいな感じでした。

とは言え、実際に使用中は、ほとんど匂わないんですよ。

香料は有害なものが多いと聞きますが、チャップアップではどうなのでしょうね。

とりあえず、気にせずに使ってみて、何かわかったら公開します。

成分調査メニューへ戻る