暑さと汗と初対決した5ヶ月目

暑さと汗で初めての失敗!5ヶ月目の夏

5ヶ月目は夏の暑さと汗で初めての失敗

チャップアップ4~5ヶ月目は、夏を迎えます。
結論を言うと、暑さと汗で初めて失敗する体験談となりました。

では、一体どんな失敗だったのか?

その答えを今回の報告で詳しくお話します。
具体的な期間は2017年6月13日~7月9日です。

夏場の朝にチャップアップを使う時の注意点(2017年7月3日)

チャップアップを使い始めて最初の夏を迎えました。
で、最初に気付いたのが、朝、起床直後は注意が必要という事です。

2017年7月3日の朝を例に挙げます。

日本の夏と言えば、超絶な湿度と暑さですね。
この日も寝汗がヤバ過ぎでした。

梅雨時から夏場にかけて朝起きると汗がヤバイ

僕を含めて多くの人は、エアコンを一晩中付けたりしないでしょう。
その結果、朝起きると寝汗祭りが強制開催されます。

チャップアップは前日の夜に使うと、翌朝も頭皮が綺麗になっているとの事。
でも、汗だく状態だと、本当に大丈夫なのか不安になりませんか?

つゆだくヘッドに30プッシュしてみる

僕は不安ながらも、数日間、朝から育毛ローションをスプレーしてマッサージしていました。
勿論、寝ている最中に滅茶苦茶汗をかいた後です。

このように夏場の朝に洗髪せずチャップアップを使うと・・・?

汗だく頭皮に無理矢理チャップアップを使った結果

予想通り、汗と一緒にチャップアップを塗りつける事になっています。
すると痒みと抜け毛が復活しました。

きっと寝ている間に夏の暑さと寝汗で、頭皮がエライ事になっていたのでしょう。
そこへ強引に塗りつけたのだから、異常が発生してもおかしくありません。

シャワーで頭皮の汗を流してからチャップアップを使う方法

でも冷静に考えると、対処方法は簡単ですよね。
ええ、朝からシャワーを浴びれば良いだけ

寝汗をシャワーで流してから育毛ローションを塗った結果

寝汗を流して、しっかりと朝の育毛ローション&マッサージをする訳です。
すると当たり前のように、帰ってきた痒みと抜け毛が減少しました。

夏場の朝にチャップアップを効果的に使用するならどうすれば良いか?
当然、汗と頭皮の様子に注意して臨機応変に対応すべきですね。

夏の夜は時間差攻撃が有効(2017年7月6日の例)

夏の夜にチャップアップを使う時は、実は時間差攻撃が有効です。
で、この時間差攻撃って何?って話ですよね。

では2017年7月6日の夜、風呂上がりの様子を見ていきます。

夏場の風呂上がりは汗が引かない

夏って風呂上がりは、なかなか汗が引きませんよね?

だから、風呂から出てすぐに髪と頭皮を乾かすとか無茶です。
当然、湿った状態で育毛ローションを塗るなんてできません。

ドライヤー使っても汗は増えるばかり

頑張ってドライヤーをかけても全然汗が引かず、頭皮と髪は濡れっぱなしです。

そこで時間差攻撃なのです。

時間差攻撃の準備内容

そこで敢えて開き直って風呂上がりは、敢えて何もせず過ごします
髪をタオルで拭ける所まで拭くだけって感じです。
後はのんびり30分から1時間程度エアコンが効いた部屋でくつろぎます。

そしてビールでも飲んで気分良くなった頃には、髪と頭皮は完全に乾いている事でしょう。
そのタイミングで、チャップアップをスプレーするわけですね。

髪と頭皮が乾いてから時間差攻撃するぞ

実際にこの時間差攻撃をやってみると、ヤバいくらい有効です。
髪が乾ききらないまま強引に振りかけた時と違います。
頭皮の毛穴に浸透している感覚が段違いに思えるのです。

乾燥後の浸透具合に感動

僕は夏に突入してから、異様に痒みと抜け毛が増えていました。
それは「朝」、寝汗で濡れたまま、チャップアップを塗りマッサージしていたからだと思い込んでいたのです。

でも実際は、「朝も夜も」頭皮や髪に汗や水分を含んだまま、無理矢理育毛ローションを使っていたのが原因でした。

夏のチャップアップで失敗した原因

今は朝晩共にやり方を改善しています。
そのため、ようやく良かった状態の髪と頭皮に戻ってきた感じです。

こういった経緯から、チャップアップを夏の夜に使うなら・・・?
時間差攻撃が有効という事を理解したのです。

5ヶ月目終了で10本目を消費した直後の髪は?

チャップアップ使用開始から5ヶ月が経過しました。
日付が2017年6月13日~7月9日と微妙に少ないのは、気にしちゃいけませんw
で、遂に区切りの10本目をクリアです。

僕は1ヶ月に2本という、メーカー推奨通りの方法を一生懸命に実行しています。

5ヶ月経過で10本消費した空瓶と箱

この5ヶ月で僕の髪はどうなったのか?

まずは乾燥した状態で先月と5ヶ月目終了直後を比較してみます。
下の画像のように、ハッキリ言って、あんまり変化がないですね。

乾燥した髪を4ヶ月後と5ヶ月後で比較

途中、夏の汗地獄で、激しい抜け毛があった割に維持出来ているのは大きいと思います。

次は久しぶりに前髪の生え際を見てみましょうか。
これは3ヶ月経過時と5ヶ月後の比較となります。

3ヶ月使用後と5ヶ月後の前髪の生え際を比較

前髪もぱっと見は変わらないです。
でも自分の中では、額周辺に大汗抜け毛事件の影響があると思います。

次は毎度お馴染みになった朝の育毛ローション後の様子を比較してみましょう。

4ヶ月後と5ヶ月経過後の濡れた髪を並べた

濡れた状態で4ヶ月経過時点と5ヶ月経過直後を並べました。

ここでは、むしろ増えたように見えます。
でも、これは髪が伸びたからじゃないかと思うのです。
あれだけ夏の抜け毛祭りがあったのだから、増えているわけがないと感じています。

そしてラストにチャップアップを使う前と5ヶ月終了時の乾燥した髪を比較してみました。

使用前と5ヶ月終了時の効果を乾燥した髪で比較

うん、さすがにこれは比べものになりませんよね。
冗談みたいに地肌丸見えだった部分が、髪で覆われてきています。

最初の頃と比較すると、チャップアップの10本目を消費した5ヶ月目終了直後の我が髪は、大きな変化があったという事です。